運送のお仕事をする場合に必要な手続きの種類

運送のお仕事をする場合に必要な手続きの種類

「車(トラック)を購入して運送業を始める場合に許可等が必要なのは知っているが、いくつか種類があって、どれに該当するのか分からない!」と言うご相談を受けることがあります。

運送業許可手続きの解説一口に運送業といっても、運ぶものが人なのか物なのか、また、取引先が特定の業者なのか不特定多数になるのか等によって必要な手続きが異なりますので、ここでは、最も数の多い、一般的な貨物(荷物)の運搬で尚且つ不特定の顧客を対象とする場合に必要な申請について解説致します。

なお、一般的な貨物とは、大まかに言いますと、特殊な取扱いが必要な液体や粉流体、危険品等以外のものを言いますが、種類としては、「一般貨物自動車運送業経営許可」、「貨物自動車利用運送業」、「貨物軽自動車運送業経営届出」の3つがあります。具体的には、下記の通りです。

一般貨物自動車運送業経営許可

軽自動車、自動二輪を除く自動車を5台以上使用して貨物を運搬する場合に必要になります。許可を取得すれば、当然のことではありますが、緑ナンバーで堂々と営業が出来るようになり、荷主は安心して依頼が出来ます(一般の方であっても、白ナンバーでの運搬は違法であることは、現在では多くの方が知っています)。3種類の中では、最も要件が厳しく、申請から許可が下りるまでには約3ヶ月~4ヶ月程度の期間が掛かります。


貨物自動車利用運送業

荷主と運送契約をして、自らは運送を行わずにに運送事業者の運送を利用して行う事業です。荷主に対する運送責任は貨物利用運送事業者が負います。なお、よく運送取次事業と混同されますが、運送取次事業は荷主と実運送事業者を取り次ぐのみで運送責任を負いません。この点で貨物利用運送事業とは大きく異なります。


貨物軽自動車運送業経営届出

一般的には「軽貨物自動車運送業の届出」と言いますが、軽トラック(バン、幌車含む)又は125cc以上の2輪バイクで貨物を運搬する場合に必要になります。軽トラックまたはバイクが1台でもあれば始められ、尚且つ一般貨物自動車運送業経営許可ほど要件は厳しくないので、運送業を初めて開業される場合や、まずは小規模から始めてみたい場合等に最適です。


▼まずは、こちらからお問合せ下さい

運送業ご案内 予約・お問い合わせは0120-717-067へお電話ください!
貨物自動車運送業許可取得に関する面談予約はこちら
貨物運送業許可取得トップページへ!