運送業許可の整備管理者になる方法とは(実務経験がある場合)

運送業許可の整備管理者になる方法とは(実務経験がある場合)



一般貨物自動車運送事業の許可を取得するためには、運行管理者の選任の他に、自動車の点検や整備、車庫の管理を行う整備管理者も選任しなければなりません。 

それでは、整備管理者になる方法を以下で解説いたしますので、確認してみましょう。

job_seibishi_ase.png

 【整備管理者になる方法】

運送業の整備管理者になる方法は以下の2つの方法となります。 

① 2年以上の実務経験があり、整備管理者選任前研修を修了している方。

② 1~3級の自動車整備士の資格を取得している方。

 それでは、具体的に整備管理者になる方法(実務経験がある場合)について解説いたします。

 

≪① 2年以上の実務経験があり、整備管理者選任前研修を修了している方。≫

●  実務経験

この2年以上の実務経験とはいったいどのような経験が該当するのでしょうか?

大きく分けると以下の2つになります。

 1. 整備の管理を行おうとする自動車と同じ種類(二輪自動車以外か二輪自動車かの2種類)の自動車の点検もしくは整備に関する実務経験

 ※具体的には

・整備工場、特定給油等における整備要件として点検・整備業務を行った経験(技術上の指導監督的な業務の経験を含みます)
・自動車運送事業者の整備実施担当者として点検・整備業務を行った経験
・整備責任者として車両管理業務を行った経験

運送会社で日常点検をドライバー自身が行っているような場合には、1の実務経験として認められる可能性はあります。

2. 整備の管理を行おうとする自動車と同じ種類の自動車の整備の管理に関する実務経験

※具体的には

・整備管理者の経験
・整備管理者の補助者として車両管理業務を行った経験

注意が必要なのは、実務経験は「同じ種類の自動車」に関するものでなければならない点です。

ですので、二輪自動車の整備の実務経験のみでは、トラックなどの車両の整備管理者にはなれません。

実務経験は、運輸局にもよりますが、白ナンバー車両の整備では一切認められないということではありませんので、白ナンバー車両の整備経験しかない場合には、所轄の運輸支局に問い合わせてみましょう。

●  実務経験証明書

実務経験を2年以上あったとしても、整備管理者に選任されるためには、その経験を証明しなければなりません。

その証明方法は、在籍していた会社に「実務経験証明書」を発行してもらいます。

そして、その証明書に会社の印鑑をもらうことで実務経験を証明することになります。

実務経験が1社では2年を満たさない場合には、複数の会社での経験を合算することは可能です。

ただ、その場合には、各会社から証明書と印鑑をもらう必要があります。

会社が廃業している場合には、元社長の個人の印鑑で問題ありません。

●  整備管理者選任前研修

整備管理者に選任されるためには、2年以上の実務経験に加えて、各運輸支局が開催している整備管理者選任前研修を受講して修了していなければなりません。

研修は2時間程度で、試験など無く、講習が終れば修了証が渡されます。

※  万が一、修了証を紛失した場合には、整備管理者選任前研修を受講した運輸支局で再発行してもらうことが可能です。

実務経験証明書と修了証が揃って、整備管理者に選任されることが可能となります。

 

 

以上、運送業許可の整備管理者になる方法とは(実務経験がある場合)についての解説です。

▼まずは、こちらからお問合せ下さい


運送業ご案内 予約・お問い合わせは0120-717-067へお電話ください!
貨物自動車運送業許可取得に関する面談予約はこちら
貨物運送業許可取得トップページへ!