利用運送業とは?

利用運送業とは?

利用運送業とは、荷主である顧客と荷物を運送する契約を直接交わし、利用運送業者の責任において、船舶運航・航空運送・鉄道運送・貨物自動車運送を利用して、貨物の運送を行う事業をいいます。つまり、自社にて運送手段をもたずに、顧客から荷物を預り、運送を行うことをいいます。利用運送業の解説

*運送取次事業との違い
運送取次事業は、荷主の依頼により、運送事業者の行う貨物の運送の取次ぎや受取りを行う事業のことをいいますので、コンビニエンスストア等で宅急便の取次ぎや受取りを行なう業務がこの事業にあたります。

 

運送取次事業と利用運送業の違いは、自己の責任において運送契約を行なうかどうかにあります。

顧客に対して、直接運送契約を締結し、自己の責任で運送を行うのが利用運送業であり、単なる運送業者の取次ぎや受取りのみの場合は、運送取次事業となります。

ただし、この運送取次業は平成15年に規制が撤廃されており、現在は誰でも自由に参入することが可能です。

利用運送業の種類

利用運送業は、第一種利用運送事業と第二種利用運送事業の2種類あります。

●第一種貨物利用運送事業
運送事業者(貨物自動車運送事業者又は船舶運行事業者、航空運送事業者、鉄道運送事業者)の行なう運送を利用してする貨物の運送

第一種貨物利用運送業の図解

●第二種貨物利用運送事業
運送事業者(貨物自動車運送事業者又は船舶運行事業者、航空運送事業者、鉄道運送事業者)の利用運送とその前後の貨物自動車(軽自動車は除く)による集荷及び配達を一貫して行い、利用者にドア.ツー.ドアの輸送サービスを提供するもの

第二種貨物利用運送事業の図解

利用運送機関の種類

利用運送業の申請は、利用する運送機関の種類により、申請手続きが異なっています。

利用運送業は大きく分けて、海運・航空・鉄道・自動車の4つに分類されており、海運は外航と内航、航空は国際航空と国内航空にそれぞれ分類されます。


▼まずは、こちらからお問合せ下さい


運送業ご案内 予約・お問い合わせは0120-717-067へお電話ください!
貨物自動車運送業許可取得に関する面談予約はこちら
貨物運送業許可取得トップページへ!