一般貨物自動車運送事業の事業継続遂行のための計画(事業の計画)について

一般貨物自動車運送事業の事業継続遂行のための計画(事業の計画)について

一般貨物自動車運送事業を始めるには、事業の継続遂行のための計画を立てる必要があります。

 

この事業計画は、一般貨物自動車運送事業の許可申請の際に審査されますので、重要です。

では、具体的にどのような点を審査されるのでしょうか、参考内容を以下に記載いたしますので、確認してみましょう。

 

【一般貨物自動車運送事業許可申請時に審査される内容】

 

① 営業所 

・  規模が事業計画に応じた適切なものであること
・  必要な備品を揃えているなど、事業遂行上適切なものであること
・  使用権原を有していること
・  賃貸物件の場合、2年以上(あるいは自動更新)の賃貸借契約が結ばれていること
・  都市計画法等の関係法令の規定に反しないこと

 

② トラックの種別ごとの台数

・  営業所ごとに配置するトラックの数は種別(普通自動車)ごとに5台以上であること
・  リース車両の場合、1年以上のリース契約が結ばれていること

➂ 車庫

 ・  原則として営業所に併設していること
・  トラックと車庫の境界やトラック同士の間隔を50cm以上確保し、全ての車両を収容できるものであること
・  車庫として使用されない部分と明確に区別されていること
・  使用権原を有していること
・  賃貸物件の場合、2年以上(あるいは自動更新)の賃貸借契約が結ばれていること
・  都市計画法等の関係法令の規定に反しないこと
・  前面道路については、車両制限令に適合していること

 

➃ 上記の他、事業継続して遂行するために必要な事項

 

以上、一般貨物自動車運送事業の事業継続遂行のための計画(事業の計画)についての解説です。

 

▼まずは、こちらからお問合せ下さい


 

運送業ご案内 予約・お問い合わせは0120-717-067へお電話ください!
貨物自動車運送業許可取得に関する面談予約はこちら
貨物運送業許可取得トップページへ!