運送業許可の法令試験とは?

運送業許可の法令試験とは?



souko_building.png

一般貨物自動車運送事業の許可を取得するためには、運輸局が実施する法令試験に合格しなければなりません。

法令試験は、運輸支局が申請書を受理した後の奇数月に運輸局にて実施されます。
※ 例えば、7月に申請した場合には、次の奇数月9月に法令試験を受験することとなります。
8月に申請しても9月の受験ではありますが、許可の交付は7月申請より1カ月遅くなります。

法令試験を受験しなければならない方は、一般貨物自動車運送事業に専従する役員の方です。個人事業主の方は、申請者の方となります。
※ 法人の役員でも運送事業に「専従」して業務を行う方以外は、受験はできません。
※ 複数の役員が受験することはできず、1名のみが受験可能となります。

法令試験の結果が不合格の場合には、翌々月に1回だけ再試験を受けることが可能です。

不運にも、再試験も合格点に達しなかった場合には、今回の申請は申請者の方が取り下げるか、取り下げない場合には却下処分となります。
※ 取り下げや却下処分後でも、新たに申請することは可能です。

法令試験の出題の範囲は、以下の通りです。
※法令については、法令試験の実施日において施行されている内容から出題されます。

① 貨物自動車運送事業法
② 貨物自動車運送事業法施行規則
③ 貨物自動車運送事業輸送安全規則
➃ 貨物自動車運送事業報告規則
⑤ 自動車事故報告規則
⑥ 道路運送法
⑦ 道路運送車両法
⑧ 道路交通法
⑨ 労働基準法
⑩ 自動車運転者の労働時間等の改善のための基準
⑪ 労働安全衛生法
⑫ 私的独占の禁止及び公正取引の確保に関する法律
⑬ 下請代金支払遅延等防止法


出題範囲は以上で、設問方式は○×方式及び語群選択方式となっており、出題数は30問、試験時間は50分です。

この30問のうち、24問以上正解しない場合に不合格となってしまいます。

以上のように、法令試験に合格しなければ許可はおりません。

再申請が可能とはいえ、その分、2か月開業は遅れてしまいます。

準備していた資金も固定経費の支払い等で減少してしまいます。

1回で合格し、計画通り開業するためには、事前に十分な試験対策を行う必要があるでしょう。

以上、運送業許可の法令試験とは?についての解説です。

 

▼まずは、こちらからお問合せ下さい


運送業ご案内 予約・お問い合わせは0120-717-067へお電話ください!
貨物自動車運送業許可取得に関する面談予約はこちら
貨物運送業許可取得トップページへ!